×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本サイトについて



弔辞は葬儀の告別式で故人に対し故人の親しかった友人や孫などが

又職場にあっては職場の同僚や会社の役員や上司が故人に贈るものです。

厳粛に執り行われている葬儀では、奉呈する弔辞の良し悪しで告別式の雰囲気が、がらりと変わります。

このサイトでは葬儀で弔辞を読む場合の大事なポイントや弔辞の例文を紹介します。

尚、本サイトに掲載されている弔辞例文は全部オリジナルのものですが、訪問者の方はご自由にお使いください。





弔辞の書き方



葬儀の弔辞を頼まれたときは、断らずに引き受けるのが礼儀です弔辞は喪家に永い間保存されますからキレイに丁寧に書くと同時に文章の中に真心が伝わってくるように自分の言葉で書くのが良いといわれています。

忌み言葉には十分に注意を払い使わないようにし、又喪家にとっては触れて欲しくない事や使われていやな言葉もあります、故人となった方を良く知らない時にはその方の周辺の方から話しを聞いて置くことも大事になります。

宗教が違うとお悔やみの言葉も違ってくることがあります、相手の宗教がはっきりわからないときは宗教が何であるか葬儀の前に確かめておくといいでしょう。

弔辞は正式には厚手の巻紙に書きますが最近は教本のように蛇腹折りにすることもあります、奉書で包み表には弔辞と書きます。




例文
葬儀 弔辞孫から祖父へ
始めの言葉 10例
弔辞 謹んで
弔辞を書く
マナー
葬儀 弔辞のマナー
弔辞を述べることになったとき
葬儀委員長のあいさつ@
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4
リンク集5
リンク集6
リンク集7
リンク集8
リンク集9

運営者情報

運営者情報
当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイトさま

・誹謗中傷を主としたサイト

・著作権侵害の恐れがあるサイト

【お問い合わせは】
hi7005ro■yahoo.co.jp       ■を@に変えて送信してください。

このサイトに掲載の弔辞例文はご自由にお使いください。


プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

海外ドラマ