×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

葬儀 弔問の受け方

>>葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方*口コミについて確認する<<

喪主や遺族の立場の人達は平時と違いますから行動や振るまいに、ぎこちない行動になってしまいがちです 友人や親族で弔問客に失礼のないようアドバイスできるといいのですが難しいとおもいます 
まず、
弔問に訪れたお客様に対し 喪主、遺族は祭壇の脇で弔問を受けます。
弔問客が焼香台に進み、目礼したら、それには目礼で応えます。焼香が終わった後も同じです。
見送りの必要のある場合には、世話役か他の親族が喪主や遺族の代わりを務めます。
通夜や葬儀の際に、喪主や遺族が玄関や出入り口で弔問客を出迎えたり送り出したりは必要ありません。たとえ目上の人の弔問でも、喪主や遺族は、祭壇の脇で弔問客の挨拶を受けます。
弔問客が声をかけて退く場合も、喪主や遺族は自席から目礼するか「どうもありがとうございました」と簡単にあいさつする程度にします。
病気や死因について,問われもしないことを説明することは控えましょう。
通夜の席では、喪主は祭壇の脇に控えて弔問客のあいさつを受け通夜ぶるまいに移ったらあいさつします
弔問客に感謝のあいさつをしますが、自分から立って客の間を回る必要はありません


コンテンツ
葬儀 弔問の受け方
葬儀 香典の金額
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4
リンク集5
リンク集6
リンク集7
リンク集8
リンク集9
リンク集10

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

葬儀のマナー トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

海外ドラマ