×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

葬儀 弔電について

>>葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方とは!を確認する<<

葬儀に対し出席できない時などは、弔電を打ちます。葬儀では弔電が披露されることを踏まえて電文を考慮すべきです。原則は自宅等に赴いて弔問をするわけですが、弔問が難しい場合に電報で哀悼の意を表すわけです。弔電を打つケースは親しい方の訃報が届いたが、遠方に住んでいるためすぐに駆けつけることが出来ない場合どうにもならない事情があり葬儀や通夜・告別式に参列できない場合に打つものです。 弔電は通夜の当日か、遅くても葬儀の告別式の開会までは届くようにします。弔電を打ったからといって弔意を表したと済ませずに、後日弔問に伺うかお悔やみ状を出したいものです。


葬儀のマナー
葬儀 香典について
葬儀 弔電について
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4
リンク集5
リンク集6
リンク集7
リンク集8
リンク集9

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

葬儀で恥をかかない為に知っておきたいこと トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

海外ドラマ